HOME 理事長所信 青年会議所とは 各委員会方針活動報告 入会案内 お問い合わせ
 
2017
年度 総務委員会 運営基本方針並びに事業計画

委員長         萬賀 健一  
副委員長(事務局長)  赤井 勇貴  
副委員長 広報担当    湯浅 真   
財務担当        池奥 紀幸  
担当専務理事     佐々木 秀平  



 

【運営基本方針】


 一般社団法人有田青年会議所は創立50周年という大きな節目を迎えます。我々は諸先輩方の運動によって築きあげてこられた伝統を守りつつ、有田青年会議所の運動をこれからも地域の方々に知っていただけるようにしていかなければなりません。
 まず総務委員会としましては、有田青年会議所として重要な議案が決議される総会が確実に進行できるように、設営及び運営に努めます。また財務面については、適正に財務管理を実行し、各委員会の思いが込められた事業や例会が全力で行えるように支援してまいります。
 そして広報としましては、地域の方々に我々の運動に対する理解を深めていただけるよう、ホームページを活用し、有田青年会議所の運動を発信していきたいと考えております。広報の中身や見せ方についても入念に精査し、より分かり易く内容を充実させていきます。広報を通して、有田青年会議所の運動または魅力を発信していくことで、興味を持っていただき、有田青年会議所の地域に根差した運動に共感をいただくことで会員拡大に繋げ、これからも有田青年会議所の同志とともに伝統を受け継いでいきます。                                  

【事業計画】

 ・総会の設営・運営
 ・各事業の予算・決算に関する財務管理

 ・議事録の作成と管理

 ・ホームページの運営管理
 ・各事業への支援・参加
 ・会員拡大の実行
 ・担当例会の開催




2017年度 社会開発委員会 運営基本方針並びに事業計画

委員長         石家 一繁  
副委員長        宇恵 友広  
担当副理事長      岡田 浩儀  

【運営基本方針】

 我々が生活する有田地域は青々とした海、緑豊かな山々、そして悠々と流れる有田川など自然に恵まれ、人々の心を豊かに育ててくれる場所であり、インフラも整備された住みよいまちです。また、近年IT化によるコミュニケーション手段の多様化により多くの人とつながりを作ることが容易になりました。しかし、少子化問題、及び雇用問題による人口減少により、人や地域とのつながりを作るのが以前に比べ難しくなっているように感じます。だからこそ私たちを育ててくれた有田、そして有田で出会った様々な「縁」に感謝し、ふるさと有田を誇りに思い、「つながり」を作ることが有田の光り輝く未来につながると確信します。
 そこで本年度社会開発委員会は有田で出会った様々な「縁」に感謝し、有田というまちをより一層好きになってもらえるよう取り組んでいきます。 また本年度も継続事業であるわんぱく相撲を開催いたします。様々なドラマが生まれるこの素晴らしい事業を成功できるよう、有田少年相撲育成会と力をあわせ邁進します。

【事業計画】

 ・有田をより一層好きになってもらえる事業の開催
 ・わんぱく相撲有田場所の開催
 ・地域他団体との交流
 ・会員拡大の実行
 ・その他諸事業への参加、参画




2017年度 会員開発委員会 運営基本方針並びに事業計画

委員長         石田 義貴  
副委員長        山崎 広輝  
担当副理事長      坂本 智昭  

【運営基本方針】


 本年度の一般社団法人有田青年会議所は、会員の減少という問題に直面しております。
 諸先輩方のこれまでのご尽力のおかげで今日まで引き継がれ、この度50周年を迎える有田青年会議所を将来に向けて継続・成長させ、活力ある組織として運営していくためには会員の拡大が重要であると共に、現会員の参加率向上もまた必要であると考えます。
 そこで本年度の会員開発委員会では「互いに切磋琢磨し自身の修練を積む事業」「会員全員が友情を深める事業」を中心とした委員会や例会を行い、会員同士の交流を図ることで参加率向上を目指します。さらに、会員全員が交流を通じてJC運動の意義を再確認し、志を持って取り組むことで会員の勧誘への意識が高まり、会員の拡大へとつなげていきます。
 この場に集った会員同士が縁を大切にし、事業を通じて友情を深めることで縁を絆へと成長させ、一丸となり明るい豊かな社会の実現に向けて尽力いたします。

【事業計画】

・会員拡大の実行
 ・担当例会の開催

 ・他委員会との連携

 ・その他諸事業への参加、参画